利用するFXの会社選びで気を付ける点

FXは24時間いつでも外貨の取引を行うことができるので、社会人の方にも人気が高い投資です。

これからFXを始めてみようと考えている方も多いでしょう。

 

ただ、初心者の方はどのFX会社を利用すればよいのかわからず、会社選びに迷うことも少なくありません。

 

スプレッド

 

利用するFXの会社を選ぶ際は、まずスプレッドを比較してみましょう。

スプレッドはFX会社への手数料のようなもので、取引をする際にスプレッドが狭ければより多くの利益を得やすいのです。

特にスキャルピングなどの短い期間での取引でFXを行おうと考えている方は、スプレッドが狭いところを選ぶべきでしょう。

 

トレード機能

 

次に注目するべき点として、デモトレード機能がついているかどうかということも確認しておきましょう。

デモトレード機能があれば初心者の方がFXになれるために取引の練習をすることができます。

最初のうちはこのデモトレードを1ヶ月ほど行ってから実際のお金を使った取引を始めた方が良いでしょう。

 

また、FXを行う上で欠かせないチャートが見やすいかどうかも非常に重要になってきます。

できればチャートに多くの機能がついており、トレンドラインなども見やすいものがお勧めです。

複数の会社のチャートを見比べてみると自分が見やすいと思うチャートがすぐにわかるでしょう。

 

その他にはキャッシュバックキャンペーンがあるところですと、お得に口座を開くことができるのでこのようなキャンペーン情報も把握しておくべきでしょう。

FXはスプレッドの値で比較する

初心者の方がFX会社を選ぶということになると、あまり難しいことを考えてもよくありません。そこで考えておきたい部分として、スプレッドという数字が挙げられます。

 

この数字が小さくなっているほど、手数料として取られる金額が小さくなるので、利用しやすくなります。

基本的には米ドル円を利用することになりますので、この数字がどれくらいなのかで判断しておくといいでしょう。

あまりにも高いようならその会社は使わない方がいいです。

 

現在一番小さいのは0.1~0.3銭となっているので、この数字を軸に考えていくことになります。

0.1くらいならまだいい方ですが、0.2も違うと結構手数料で取られてしまいます。

 

出来れば0.3銭となっている会社を選び、その上でシステムの使いやすさや軽さを意識して考えます。

デモ口座を利用できるようなら使って欲しいですし、1度取引を行って欲しいと思います。

この時にパソコンに合わないくらいの重さを感じるようであれば、その会社は避けた方がいいでしょう。

 

基本的にスプレッドの数字でFX会社を選んでおけばいいですし、わからないようなら評判のいい所を使うという選択でいいと思います。

中にはキャッシュバック制度が豊富に取りそろえられている所もありますが、キャッシュバックの代わりにスプレッドが広いというのはよくありません。

 

少しでも手数料で取られない所を選ぶと同時に、サービスの質というものを意識するといい所が選べます。

FXは1000通貨取引ができる会社を選ぶべし

色々と会社を選ぶ基準はありますが、後々に変更も出来ますし口座開設も難しくありません。スプレッド
などで選ぶ人が多いかと思いますが、1000通貨から取引出来る事と、チャートなどの第一印象の見易さで選ぶのが良いでしょうね。

 

チャートなどの使いやすさはシステムとかサービスとかも大事ですが、必要なモノとそうでない物は人によって違います。

なので結局は自分にとって見やすいかどうかなんですよね。第一印象でパッと見て問題なさそうならそれは大体合って要るチャートだと言えます。

 

1000通貨からの取引出来るのは、ある意味素人の人には必須とも言えるモノです。

1万通貨からが一般的ではありますが、1000通貨からの会社も結構あります。

 

FX取引には証拠金が必要ですが、1万通貨の10分の1で始める方が、失敗してもあまりお金が減らないので良いです。

別に1000通貨しか出来ない何てことはなく、1万通貨以上でも取引出来ますから、自由度と言う意味では鉄板の選択です。

どうしても大き目の金額でやりたい、と言う人には当てはまらないかも知れませんけれども。

 

正直な所、会社は選び出すと切りがありません。

自分の要望も大きくなりますし、特徴も千差万別だからです。

 

なので取りあえず入り口は、ストレスなく取引したり観察したりが出来るチャートと、お金を一番低くして取引出来る1000通貨から、と言うのが良いでしょう。

 

慣れてきたら変えれば良いだけの話ですから。

初めのウチは、サイコロを振って決める、ぐらいの気持ちも持たなければ一向に決まりません。

FX会社はデモトレードの有無で選びましょう

これからFXを始めようという方にとって、実際に取引をするFX会社を選ぶことはとても重要なことです。
FXの取引はリアルタイムで為替レートが高速で変動していきますので、なるべく自分に合った使いやすい操作画面をもっているFXの会社に登録した方がいいと思います。

 

なので、手数料が安かったり、登録後しばらく安いサービスがあるという、初期料金が安くて、手数料も安いFX会社や証券会社を比較していくつかピックアップしてみましょう。

 

そして、そのピックアップした証券会社かFX会社にデモトレードがあるかどうかを調べます。

 

ほとんどの会社にあると思うので、まずはそのデモトレードを試すことをおすすめします。

 

デモトレードは、仮想のお金で、FXトレードを体験してみるというお試し版です。

FXに慣れるために作られたサービスですが、本当にお金をかける場合に使う画面と同じなので、勉強になると思います。

 

まずはこのデモトレードで練習しておくと、実際にお金をかけた時に、基礎知識が抜けていたり、操作方法を間違ったというミスでお金を失うという凡ミスを避けられますので、ぜひ試しましょう。

 

そして、数社のデモトレードをしてみると、自分に合った操作画面や、つかいやすいと思う相性の良い操作画面がみつかるはずです。

みつかったら、その操作画面を提供している証券会社、またはFX会社に登録するといいと思います。

初めてのFXで失敗しない為には・・・。

初めてFXを始める際、最も重要なのが、予算を決めておく事ではないでしょうか?

まず、元手をいくらにするのか、はっきりと決めておく事で、無理なくFXを始める事ができます。

その際は、出来るだけ初めに決めた予算を守る事が重要です。

 

投資額を決める

 

個人の予算や考え方にもよると思いますが、出来るだけ少額から始めてみる事をお勧めします。

最近では1万円からでも取引可能な会社もある為、その程度から始めてみてはいかがでしょうか?

早く言えば、損をしてもさほど痛手にならない程度の予算で始める事が大切だという事です。

 

投資スタイルを決める

 

次に投資スタイルを選びます。

FXの場合、大きく分けて短期トレードのスタイルと長期トレードスタイルがあります。

 

短期トレードの場合、一日中何度も取引を行い、利益を出す方法で、その日は、ずっとパソコンとにらめっこのような取引方法になります。

 

その反面、長期トレードの方は、1ヶ月~数年に数回といったペースで取引を行う為、それほど長時間パソコンに向かう必要はありません。

 

この2パターンの取引スタイルから、まず、自分にあった取引スタイルを選び始める事も大切なポイントになってきます。

 

そして、その投資スタイルにあったFX会社を選ぶ事で、自分にあった方法のFX会社を決める事ができるのです。

FX会社を選ぶ際は、その投資スタイル意外に企業データや口コミなどをしっかりと調べ、間違いのない会社を選ぶ事も重要なポイントになってきます。