これだけは知っておきたいネム(NEM)の基礎知識

ネム(NEM)とは近年注目されている第5位の仮想通貨で、2015年に公開され日本人も開発に参加したことでも知られています。さらにブロックまでの時間が60秒と非常に短いのでビットコイン取引よりも短時間で取引が可能なのが特徴と言えます。さらに通貨の送金、スマートコントラクト、独自のトークンの発行と利用方法が幅広いと言えるでしょう。

 

ネムはビットコインの問題点を解決する為に開発された新しい暗号通貨で、既に上限まで発行されているのでマイニング(発掘)をして通貨を入手することは出来ません。またネムのメリットとしてはプルーフ・オブ・インポータンスといった貢献度により正当性の判断を行っているのでお金を持っている人だけが利益が出るといった不公平を解消することが出来ます。さらにブロックチェーン上にてユーザーの評価をして悪質なユーザーを排除しているのでセキュリティが高いのも魅力と言えます。

 

デメリットとしてはネムの手数料分配の仕組みはかなりユニークなのでこの仕組みをきちんと理解してないと増やすことは出来ません。あとネムは次世代型の暗号通貨の一種でライバルも多いから今後の普及の見通しがつかず現状の値動きも乱高下がかなり激しくいと言えます。

 

仮想通貨の時価総額は日々変化していてその価値は絶対ではないと言えます。最近ネムは高騰を続けていますがいつまでそれが続くかは誰にも予想が出来ないのです。だからネムを大量もしくは長期的に所有することはリスクが高いので注意が必要です。

ライトコインとビットコインの違いについて

仮想通貨の中でももっとも知名度の高いのはビットコインで異論はないと思います。仮想通貨の時価総額はビットコインが圧倒的に大きいのですが、イーサリアム、リップルの次の第4位の時価総額があるのがライトコインです。

 

ライトコインは2011年に公開されましたが、ビットコインとほとんど同じシステムと機能を持っているのが、ライトコインで、ビットコインを補完するような役目をするために開発されたと言っていいでしょう。その証拠として、ライトコインの開発者は「ビットコインが金とするならば、ライトコインは銀を目指す」と明確に言及していることがからもわかります。

 

ライトコインとビットコインの違いは先程も述べたようにビットコインは開発者がよくわかっていないのですが、ライトコインは開発者がわかっていることがまず上げられます。それにビットコインと比べると発行の上限が4倍と決められているので、採掘も容易です。

 

それにビットコインの決済時間は約10分程度かかるものがライトコインの決済時間はビットコインの4分の一程度しかかかりません。つまりライトコインはビットコインよりも流通や交換が容易なように設計された仮想通貨といえるのです。

 

ライトコインは日本の取引所ではあまり扱いがなく、手に入れるには海外の取引所を利用する他なかったのですが、最近ではライトコインを扱う日本国内の取引所も現れました。しかし、ライトコインはその特性から投資には向いていないと考えたほうがいいのかもしれません。

リップルの仮想通貨としての将来性は有望です

ビットコイン取引所として有名なビットフライヤー社によると、2016年4月では仮想通貨全体の時価総額が約8640億円となっている模様です。

 

そして、そのうちビットコインの時価総額だけで約7000億円を占めており、次にイーサトリアムの時価総額が約800億円で、リップルは時価総額が約250億円となっており仮想通貨のなかでは3番手の規模を誇ります。

 

リップルの仮想通貨としての将来性は有望です。2017年3月に、日本のメガバンクである三菱東京UFJ銀行が、リップル社が主催するグローバルなコンソーシアムへの参加を表明しました。これは仮想通貨リップルを利用したリアルタイムの国際的な決済を目指すものです。この発表の影響もあるかもしれませんが、今年の4月下旬から5月上旬にかけて、リップルの価格は一気に5倍にまで急騰しました。

 

一方、日本政府をはじめ各主要国は仮想通貨を、貨幣と認定していますが、リップルをはじめとする仮想通貨には国家という背景(信用)を持っていないため、国家が発行している通貨と比較すると、通貨としての安定性は低いと言わざるをえません。例えば、ビットコイン取引所のマウントゴックスで、突然、多額の仮想通貨が消失してしまい、投資家に多額の損失を与えた事件が発生したことがありました。

 

仮想通貨が取引所などの業務ミスによって消失しても、国家が補償することはありません。また、リップルをはじめとする仮想通貨の価格は乱高下が激しいです。為替レートよりも大幅に乱高下が激しいため、当面は通貨というよりは商品という位置づけで扱ったほうが良いかもしれません。

イーサリアムは様子を見て投資するのがふさわしいです。

現在投資は自分の財産を増やす手段として多くの人が行っているものです。

近年投資として人気があるのが仮想通貨で、最も有名なものとしてはビットコインがあります。しかしながら仮想通貨はビットコインだけでなく、他にもいくつかあります。

 

最近話題になっているのがイーサリアムで、時価総額はビットコインの次に大きなものになっています。ビットコインと比較するとまだまだ規模は小さなものですが、イーサリアムには独自の柔軟性があり、初心者でも利用しやすいものです。

 

イーサリアムの通貨単位はイーサですが、イーサリアムの中ではイーサだけでなく使用する人が自分で決めた契約や財産をも扱えるという特徴があります。そしてイーサリアムについては、取引をするごとにその記録がしっかり付けられるので安心して取引を行うことが可能です。

 

イーサリアムを利用する場合は、取引所に口座を作ってイーサを購入する必要があります。イーサリアムの購入はCoinCheckから購入することが可能です。ここでは日本円でイーサを購入することが可能です。

 

またビットコインを経由してイーサリアムを購入することも可能であり、その場合はbitflyerを利用します。イーサリアムを利用するにあたって気をつけておきたいのは、現時点ではイーサリアム自体が破たんしてしまった場合、救済できるような措置が取られることがない状態です。なのであまり大量に投資せず、様子を見ながら運用をしていくのがおすすめです。

ビットコインで簡単に世界で買い物ができるビットフライヤーのメリットと注意点

ビットコインを売買するには、ビットフライヤーのサイトからいつも使っているメールアドレスを登録する必要があります。他にはYAHOOのIDやフェイスブックのIDでアカウントを作ることが出来ます。

 

登録確認などはビットフライヤーからメールが送られてきますので、その説明に沿って記入していけばすぐに出来ます。必要なのは、名前や生年月日などの個人情報と銀行の口座番号です。

 

ビットコインが使える場所で払えば、サービスを受けることが可能となります。経済活動をスムーズに出来るように作られたもので、世界中で簡単に使えるように作られているのも特徴的。

 

お財布代わりに簡単に物の売買が出来るのも魅力的。電子的に決算をするのも特徴的で、オンライン決算をしてすぐにやり取りが出来るのも便利なところ。非接触型の決算の仕方も可能で、コンビニの支払いから電車への搭乗にも使えるようになりました。

 

ビットフライヤーは精算する時に、わざわざお財布から小銭をジャラジャラと出して支払う手間が省けるのが人気。個人と個人で直接送金出来ますし、手数料が無料だから、送金を何度してもコストが掛かりません。かかったとしても格安。送金の際に手続きもなく、幾らまでという制限もないのも嬉しいところ。

 

ただ、まだまだビットコインが使えるお店も少なく、その認知度が低いところがあります。円やドルのように、ほとんどの人が知ることとなるには、まだまだ何年とかかるのがデメリットです。

 

企業や国が運営しないので、いざ何かトラブルがあった場合、問い合わせをするのが少し難しいところも注意点です。

ビットコインの魅力と注意点

ビットコインとは、インターネット上で取引できる仮想通貨のことです。一般的な目に見えるお金と違って、実際に物質としては存在はしません。

最近では、ビットコインでできることが増えてきており、大手企業の間でも利用されるようになっています。

 

例えば、インターネットで買い物をする時にビットコインで決算ができたり、取引所でビットコインのトレードをすることもできます。さらにビットコインの口座を開設すれば、日本国内だけでなく海外などにも送金もできるようになっています。使い方を勉強すれば、日常生活を便利にさせてくれるのがビットコインなのです。

 

一方でビットコインは、電子マネーと異なり日々相場が変動しているので注意が必要になります。電子マネーは、事前にカードの中へお金をチャージして使用しいるため、チャージした分のお買い物ができますが、ビットコインは相場の変動があるので価値は日々異なっています。

 

今持っていたビットコインの価値が、翌日大きく変わっていることがあるので買い物の際は確認することが重要になります。相場の変動も為替や株式市場よりも大きいので、リスクがあることは覚えておいた方が良いでしょう。

 

ビットコインは、相場の変動や今はできることは限られていますが、これから人気ができることは間違いないので利用を検討しても良いでしょう。インターネット上の取引は年々増加しており、日本よりも海外では広く普及しているのでこれからは日本で人気がでます。

安くて住みやすい物件を探すためにすること

賃貸アパートは、インターネットで探すことをお勧めします。不動産会社もありますが、自分である程度の物件を調べてから不動産会社に行く方がベストです。初めに不動産会社に行ってしまうと、不動産会社からのお勧め物件だけを紹介されてしまうので、自分が考えている物件や意見を聞いてもらうためにもインターネットで探すことから始めましょう。

 

インターネットの物件紹介サイトは、検索方法が多様にあるので賃貸が安く住みやすい物件を見つけることができると思います。また最近では、女性が住みやすい物件も特集されているので参考にすると良いでしょう。自分がどうしてもここだけは譲れない条件があると思うので、インターネットで探してから不動産会社に伝える事が重要になります。

 

また、時間があれば不動産会社に行った後に自分で目でアパートを確認することも重要です。私自身何度も引っ越しをしましたが、インターネットで掲載されていることと実際の環境が異なっていたことが何度もあるので気をつけてた方が良いです。

 

「とても静かで住みやすい物件ですよ」といった紹介文が掲載されていましたが、実際に行ってみると騒音がひどくて住める環境ではなかったからです。何度も足を運んで自分の目で確かめることが重要なのです。めんどくさいからといって見に行かない人がいますが、そういう人に限って後悔している気がします。特に女性は、物件だけを見がちなので周辺環境のチェックも忘れないようにしてください。

万事の乗り換えは慎重に

電力自由化が開始になって結構な日数が経ちましたが、いまいち幅広く浸透しているという感じはしないかもしれません。何故なら、電力の使い方次第では他の会社に乗り換えたりとしても、逆に電力が高くなってしまうというデメリットがあるからです。

両親と子ども数人といった様な家族構成であれば、毎月の電気使用量も多いために、他社に乗り換えた方が月々の電気使用料が安くなる傾向になります。

つまり、あまり月々の電気使用量が多くないとなれば、却って損をしてしまうケースもあるのです。ですから、様々な新規参入の会社増えているので、きちんと電気料金を試算して比較検討する事が重要なのです。

 

ガス会社などであれば、電気屋と併用して使う事で更なる値引きを行っています。また、携帯電話の会社でも併用すれば値引きをしているので、電気のみの単独で乗り換えるよりも、色々と組み合わせた方がお得になるという点も忘れないでおいた方が良いと思います。

 

一番気になるのは、大手のみならず電力会社から乗り換えると、万が一の時に電気が止まってしまうのではという不安を抱く人もいるようですが、電力の供給に関しては、何ら問題もないので安心して大丈夫なのです。

 

また、いざ乗り換えを決めた時でも、新しく乗り換える会社に連絡すれば、今まで利用していた電力会社に自分で解約などの連絡をする必要はないので、難しく考えることはありません。但し、今使っている会社にまた戻したいという時には注意が必要です。

 

今利用しているプランが、一度解約してしまうと利用出来なくなってしまうというデメリットがあるからです。

マンション投資をしたい人必見!不動産投資のメリットとデメリットとは?

株やFXに比べ、気軽に始めにくいと言われる不動産投資。
しかし軌道に乗れば、安定して収入を得られるのも不動産投資です。

 

そんな不動産投資のメリットとリスクを説明したいと思います。
不動産投資の最大のメリットは、働かなくても定期的に収入が入ってくることです。

 

働いている世代は勿論の事、年金を貰っている世代も、働く必要がない収入はとても大きなメリットですよね。
不動産投資を沢山行っている人の中にはその収入だけで生活している人も普通にいます。
病気や怪我などで働けなくなっても収入は入ってくるので、保険代わりにもなるのも嬉しいポイントです。

 

また、不動産投資は投資用のローンが利用できるので、資金が少なくても始められるのもメリットです。
つまり、資金が少なくても始められ、投資が上手くいけば安定して収入が入ってくるのが不動産投資ということです。
そんな不動産投資にも当然、リスクというものが存在します。

 

その一つが、空き室のリスクです。
不動産に投資しただけでは、収入は得られません。投資したマンションの部屋などを借りる人がいて、初めて収入が入ってきます。
つまり、空き室だと収入は0のままです。

 

地方や駅より離れた物件などはどうしても借りる人も少なく空き室になりやすいので、投資をする際は都心や駅より近い物件などを選ぶことをおすすめします。
また、物件の築年数にも注意が必要です。
築年数が経過した、いわゆる中古物件は投資額も安いですが、それだけ物件が疲弊しているという事でもあります。

 

中古物件に投資しても部屋のリフォーム代で結局新築物件並の金額になった、という事が無いように、不動産投資をする際は築年数も必ずチェックする事をおすすめします。
リスクもありますが、上手くいけば定期的に収入が入ってくるのが魅力の不動産投資。
築年数や立地条件をしっかりと確認して、マンションなどへの投資を始めてみてくださいね。

女性こそマンション投資をするべき時代

ここ数日のニュースでも話題となった、産後の復職率の高さの数字が出ているように、今や女性も働く時代です。また以前の様に結婚をして家庭に納まりというよりも、仕事をして自分の自由な暮らしを手に入れるという人生を選択する人も増えています。

 

実際、自分の周りにもその様に考える女性が増えてきて、マンション投資を始める友人知人も数年間で一気に増えてと感じています。

 

そこで、実際にマンション投資をしている女性の友人や知人に意見を聞いたり、また自分の前で数々の建築中のマンションやモデルルームをみたり、女性のマンションの投資の無料セミナーなどに参加して感じた事がいくつかありました。その事を簡単にまとめてみたいと思います。

 

なぜ、今!女性がマンション投資なのか?その大きな理由に年金問題です。
年金だけでは将来が不安。年金だけでは足らない気がする。そんな不安から、自分の老後は自分で何とかしなければならない・・。そんな風に考える女性が増えたとの事です。

 

また60歳70歳まで自信を持って働けると宣言できるか分らないという先の不安もある事や、女性は長生きだからこそ!思い立った時がマンション投資に向けて動き出すタイミングと考える女性が増えているようです。

 

マンションを資産として持っていれば、将来的に住む事も貸す事も出来るのです。
いつまでも賃貸でいる身軽さもありますが、高齢になると貸してくれる賃貸物件も減り、家賃負担も馬鹿にならない上に、払えと払えと自分の資産になる事はありません。

 

ならば、安定した収入がある時にこそ、将来の安定した収入を得るための準備が確実に必要になるのです。
男性に頼らず自由な暮らしと安心した生活を手に入れる為に、マンションを投資を前向きに考える時代になったということなのです。

 

同じ運用でも、様々な種類の方法がある為、リスクを回避する事も可能!

余ったお金を少しでも増やしておきたいと思う事は、誰しもが思う事。そんなお金の増やし方と言えば、貯金か運用になってくると思います。

 

まず、お金を銀行などに貯金した場合を考えてみましょう。貯金の場合、普通貯金と定期預金に分ける事が出来ますよね。

もちろん、普通預金に比べたら、定期預金の方が金利が高く、お金を増やす事ができるようになっています。

 

しかし、この低金利時代、お金を貯金しても、さほど増えないのも事実です。とは言っても、貯金の場合、必ずお金を増やす事は可能です。決して、損はしない事が最大のメリットではないでしょうか?

 

その反面、場合によっては損をしてしまう危険があるのが、お金の運用です。運用とは、国債や社債を購入したり、株式取引、FX取引などを行う事を言います。その他、純金を購入したり、土地やマンションなどを購入する事で、お金を運用するという事も言えます。

 

そんな、運用の場合、良ければ大きくお金を増やす事ができ、失敗すれば大損をしかねないといったギャンブル的な要素があるのが、メリットともデメリットも言える事になります。

 

また、運用と言っても方法を選ぶ事で、損をしてしまうリスクを最小限に抑える事は可能!例えば、国債は日本が破たんしない限り損をする事はありません。しかし、その分、得をする率も低いと言えるかもしれませんが・・・。

 

このように、同じ運用でも、リスクの大きさに違いがある為、少しでもお金を有効的に増やしたいと思う人は、運用を選んでもいいのかも知れませんね。