これだけは知っておきたいネム(NEM)の基礎知識

ネム(NEM)とは近年注目されている第5位の仮想通貨で、2015年に公開され日本人も開発に参加したことでも知られています。さらにブロックまでの時間が60秒と非常に短いのでビットコイン取引よりも短時間で取引が可能なのが特徴と言えます。さらに通貨の送金、スマートコントラクト、独自のトークンの発行と利用方法が幅広いと言えるでしょう。

 

ネムはビットコインの問題点を解決する為に開発された新しい暗号通貨で、既に上限まで発行されているのでマイニング(発掘)をして通貨を入手することは出来ません。またネムのメリットとしてはプルーフ・オブ・インポータンスといった貢献度により正当性の判断を行っているのでお金を持っている人だけが利益が出るといった不公平を解消することが出来ます。さらにブロックチェーン上にてユーザーの評価をして悪質なユーザーを排除しているのでセキュリティが高いのも魅力と言えます。

 

デメリットとしてはネムの手数料分配の仕組みはかなりユニークなのでこの仕組みをきちんと理解してないと増やすことは出来ません。あとネムは次世代型の暗号通貨の一種でライバルも多いから今後の普及の見通しがつかず現状の値動きも乱高下がかなり激しくいと言えます。

 

仮想通貨の時価総額は日々変化していてその価値は絶対ではないと言えます。最近ネムは高騰を続けていますがいつまでそれが続くかは誰にも予想が出来ないのです。だからネムを大量もしくは長期的に所有することはリスクが高いので注意が必要です。