ライトコインとビットコインの違いについて

仮想通貨の中でももっとも知名度の高いのはビットコインで異論はないと思います。仮想通貨の時価総額はビットコインが圧倒的に大きいのですが、イーサリアム、リップルの次の第4位の時価総額があるのがライトコインです。

 

ライトコインは2011年に公開されましたが、ビットコインとほとんど同じシステムと機能を持っているのが、ライトコインで、ビットコインを補完するような役目をするために開発されたと言っていいでしょう。その証拠として、ライトコインの開発者は「ビットコインが金とするならば、ライトコインは銀を目指す」と明確に言及していることがからもわかります。

 

ライトコインとビットコインの違いは先程も述べたようにビットコインは開発者がよくわかっていないのですが、ライトコインは開発者がわかっていることがまず上げられます。それにビットコインと比べると発行の上限が4倍と決められているので、採掘も容易です。

 

それにビットコインの決済時間は約10分程度かかるものがライトコインの決済時間はビットコインの4分の一程度しかかかりません。つまりライトコインはビットコインよりも流通や交換が容易なように設計された仮想通貨といえるのです。

 

ライトコインは日本の取引所ではあまり扱いがなく、手に入れるには海外の取引所を利用する他なかったのですが、最近ではライトコインを扱う日本国内の取引所も現れました。しかし、ライトコインはその特性から投資には向いていないと考えたほうがいいのかもしれません。