ビットコインで簡単に世界で買い物ができるビットフライヤーのメリットと注意点

ビットコインを売買するには、ビットフライヤーのサイトからいつも使っているメールアドレスを登録する必要があります。他にはYAHOOのIDやフェイスブックのIDでアカウントを作ることが出来ます。

 

登録確認などはビットフライヤーからメールが送られてきますので、その説明に沿って記入していけばすぐに出来ます。必要なのは、名前や生年月日などの個人情報と銀行の口座番号です。

 

ビットコインが使える場所で払えば、サービスを受けることが可能となります。経済活動をスムーズに出来るように作られたもので、世界中で簡単に使えるように作られているのも特徴的。

 

お財布代わりに簡単に物の売買が出来るのも魅力的。電子的に決算をするのも特徴的で、オンライン決算をしてすぐにやり取りが出来るのも便利なところ。非接触型の決算の仕方も可能で、コンビニの支払いから電車への搭乗にも使えるようになりました。

 

ビットフライヤーは精算する時に、わざわざお財布から小銭をジャラジャラと出して支払う手間が省けるのが人気。個人と個人で直接送金出来ますし、手数料が無料だから、送金を何度してもコストが掛かりません。かかったとしても格安。送金の際に手続きもなく、幾らまでという制限もないのも嬉しいところ。

 

ただ、まだまだビットコインが使えるお店も少なく、その認知度が低いところがあります。円やドルのように、ほとんどの人が知ることとなるには、まだまだ何年とかかるのがデメリットです。

 

企業や国が運営しないので、いざ何かトラブルがあった場合、問い合わせをするのが少し難しいところも注意点です。