同じ運用でも、様々な種類の方法がある為、リスクを回避する事も可能!

余ったお金を少しでも増やしておきたいと思う事は、誰しもが思う事。そんなお金の増やし方と言えば、貯金か運用になってくると思います。

 

まず、お金を銀行などに貯金した場合を考えてみましょう。貯金の場合、普通貯金と定期預金に分ける事が出来ますよね。

もちろん、普通預金に比べたら、定期預金の方が金利が高く、お金を増やす事ができるようになっています。

 

しかし、この低金利時代、お金を貯金しても、さほど増えないのも事実です。とは言っても、貯金の場合、必ずお金を増やす事は可能です。決して、損はしない事が最大のメリットではないでしょうか?

 

その反面、場合によっては損をしてしまう危険があるのが、お金の運用です。運用とは、国債や社債を購入したり、株式取引、FX取引などを行う事を言います。その他、純金を購入したり、土地やマンションなどを購入する事で、お金を運用するという事も言えます。

 

そんな、運用の場合、良ければ大きくお金を増やす事ができ、失敗すれば大損をしかねないといったギャンブル的な要素があるのが、メリットともデメリットも言える事になります。

 

また、運用と言っても方法を選ぶ事で、損をしてしまうリスクを最小限に抑える事は可能!例えば、国債は日本が破たんしない限り損をする事はありません。しかし、その分、得をする率も低いと言えるかもしれませんが・・・。

 

このように、同じ運用でも、リスクの大きさに違いがある為、少しでもお金を有効的に増やしたいと思う人は、運用を選んでもいいのかも知れませんね。